優れた洗浄力で毛穴汚れを落としてくれるどろあわわですが、安全性が気になるユーザーさんもいらっしゃると思います。

どろあわわで毎日お肌を洗うのですから、どんな成分が含まれているのか、安全なのか毎日使うものだからこそ、気になりますよね。

 

もしも副作用の危険性があれば心配ですし、購入前に成分についても一通りチェックしておくべきかな・・・?なんて不安になります。

ここではどろあわわ購入について、安全性や副作用など、購入前に知っておきたい情報をご紹介していきます。

成分は安全なものばかりなのでしょうか?

健康被害や副作用の報告は上がっているのでしょうか?

危険性は大丈夫?どろあわわの成分の安全性をチェック!

こちらがどろあわわの全成分です!

水、グリセリン、ベントナイト、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ジステアリン酸PEG-150、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、海シルト、タナクラクレイ、アスペルギルス/コメ発酵エキス、加水分解コンキオリン、乳酸桿菌/コメヌカ発酵液、シロキクラゲ多糖体、サクシノイルアテロコラーゲン、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

公式サイトにも記載がありますが、無香料&無着色&無鉱物油となっています!

ただし、保存するための防腐剤といった添加物は配合されているのが実態です。

どろあわわに配合されているパラベン!危険性は!?

どろあわわに配合されている

 

「メチルパラベン」

 

 

「プロピルパラベン」。

 

「パラベンって添加物だよね!?」

 

とお気付きの方も多いと思いますが、成分表にもしっかり記載されています。

これらのパラベンは、開封した直後から発生リスクが高まり続ける雑菌&カビの繁殖を抑える役割を果たす、いわゆる防腐の役割を果たします。

洗浄力が高い洗顔料であっても、雑菌だらけ・カビだらけだと使いたくないですよね・・・口やめの周りといったデリケートなお肌にも使うものなので、衛生面は一番気になるところです。

 

そう考えれば防腐成分が配合というのはメリットにも思えますが、その成分そのものがお肌に負担をかけるようであればも智子もありません。

ということで、メチルパラベンとプロピルパラベンは本当にお肌に使ってもいいものなのか、安全性についてピックアップしてみました!

メチルパラベン

何種類も存在するパラベンの中で、メチルパラベンは特にお肌へのダメージが少ない性質なので、スキンケア商品では重宝されています。

けれどもどことなく

 

「メチルパラベン配合の化粧品は危ない!」

 

というイメージがついて回っていますよね。このイメージにはこんな理由がありました。

平成17年8月の朝日新聞に掲載されていた記事の1つに

 

「メチルパラベン入りの化粧品はシミ・シワの原因に!」

 

という内容があったのです。

この記事の内容ですが、実験を行ったのは上野製薬株式会社、京都府立医科大学。

京都府立医科大学は・・・

 

「そのようなことを言っていないと思う。」

 

どこかで何やらどうやら情報が誤ってしまった可能性があります。

この一連の流れに関しては、上野製薬会社がネット上で

 

「メチルパラベンと紫外線の作用に関する最近の朝日新聞報道について」

 

という文書にまとめて公表しています。

実はメチルパラベンというのは、何十年も前から食品の防腐剤として使われてきた成分です。

これまでに皮膚刺激性試験やガン原生試験といった幾つもの試験をいくつもの機関が行っているので、安全性については世界的にも認められているもの

どろあわわもその実績から、配合成分として取り入れているのでしょう。

プロピルパラベン

メチルパラベンと比べると高い抗菌性を持ち、どちらも採用することで結果的に含有量を抑えることができます。

さらに抗菌性防腐性も高まります。

ネットではプロピルパラベンの悪評が多いですよね。私もいろいろなサイトで皮膚吸収でホルモンに悪影響が・・・とか、乳がんの要因だとか、妊婦さんは胎児に悪影響が・・・なんて見かけました。

そんなの絶対ダメじゃん!って誰でも思ってしまいますよね。

 

ただパラベンについて深く深く調べていくと、問題なのは摂取量だということが見えてきました。

パラベンの過剰摂取は確かに、ホルモンに悪影響を与える可能性が出てくるそうです。

けれどもスキンケア製品に配合されるパラベンは、必要最低限の含有量。ごく少量のパラベン配合なので、いくつもの研究機関からも少量のパラベンの安全性についてはお墨付きなのです。

 

逆に防腐剤不使用で酸化しやすい、雑菌が繁殖しやすいものの方がお肌にとっては危険になることもあるそうな。

ということで、どろあわわのパラベンに関する安全性はさほど問題ないと言えるでしょうが・・・次にきになるのは、お肌に合うか合わないか、という点ですね!

 

私個人の感想としては、どろあわわを使ってもお肌が荒れることなく問題もなく使えましたが、これは肌質や体質など個人差があります。万人が問題なく使えるというわけではありません。

初めてどろあわわを使うという場合には、パッチテストの意味も込めて初回はお試し感覚でいた方がいいですね。さらにお試し感覚なので、初回限定半額キャンペーンでお得に購入した方が、試しやすいのではないかと思います。

合成界面活性剤の安全性も気になる・・・

どうしても石鹸で欠かせないのが

 

「合成界面活性剤」

 

洗浄力アップにつながるので、どうしても固形石鹸には合成界面活性剤が配合されるようですね。

最近は合成界面活性剤を使用していない製品も数が増えつつありますが、ほとんどの洗顔料に配合されていると言っても過言ではありません。

 

こちらもやはり昔から石鹸に含まれてきたものなので、さほど心配する必要はないかと思われますが・・・

重度の敏感肌で悩んでいるという方は、不使用のものを使った方が精神衛生上も良いのかもしれません。

低刺激を謳っている製品であっても、少なからず少しは刺激が加わってしまうものです。

どろあわわで副作用が心配ですか?

洗顔石鹸として人気のある

 

「どろあわわ」

 

ですが、副作用はゼロだとは言えません。

というのも、実際に使った人の中には、どろあわわにしてから赤みやかゆみが出たという、肌質に合わなかったという方も少なからずいらっしゃるんです。

 

普通肌だとか混合肌だとか、敏感肌と人によって肌は異なりますし、敏感肌でも使えたというケースもあれば、普通肌でも合わなかったというケースもあるんです。こればかりは使ってみなければわかりません。

誰でも絶対に安心して使えるという保証は、どろあわわや他のスキンケア製品でもありません。本格的に使う前に、必ずパッチテストをしましょう。

 

副作用についても使ってみて、お肌の様子をみるのが確実です。

数日使ってみて気になる点が出てきたなら、迷わずに中止することが大切です。

どろあわわ以外のお肌に使う商品では、これはとても重要なポイントなので覚えておいてください!

精神的にも体にとっても安心して安全に使い続けるために、初回のパッチテストはとっても大切!

さらに使い続けている間も、お肌の様子を観察しながらどろあわわで毛穴汚れを落としていきましょう!

まとめ

どろあわわは、無香料・無着色・無鉱物油であることが分かりました。

けれども防腐・防カビのためにパラベンを配合しており、洗浄力を高めるために合成界面活性剤も含まれています。

 

敏感肌の方は特に気になるかもしれませんが、昔から食品や化粧品で使われてきたものであり、必ずしも「悪」というわけではないようです。

どのスキンケア製品・洗顔料であってもパッチテストが大事であり、試してみなければ分からないことがあります。

どろあわわを利用したユーザーの中には、赤みやかゆみが出たという方もいらっしゃいますが、無事に使い続けている方もいるのです。

★最安値公式サイトはこちら★